Food & Beverage New

Mikkeller Tokyo

2018年10月22日

渋谷の道玄坂をあがりネオン街の奥に店を構えるMikkeller TOKYO。ここでは「とりあえずのビール」ではない個性的なクラフトビールを世界中から数多く取り揃える。2018年9月に明治神宮外苑総合球技場で行ったクラフトビールイベント「Mikkeller Beer Celebration Tokyo」も大盛況で幕を閉じた。そんなMikkeller JAPANで代表を務めるハミルトンさんにお話を伺った。

 


 

「ミッケラーはデンマークで科学の先生として働いてたクラフトビールが好きのミッケルが、「自分で造った方が安くつくれる」というところから、友人と一緒にクラフトビールづくりを始めたところからはじまりました。造ったクラフトビールは好評でコンペにも入賞し、「先生」と「ビール造り」という二足のわらじから、ビジネスとしてのクラフトビールづくりが成り立っていきました。」

 


 

「お店は、全体的なデザインやセンスもよく、それでいて若い方からお年寄りの方、またご家族連れなど誰でも入れる雰囲気を作りたいです。今はチェーン店などが多いですが、人と人とのコミュニケーションのある温かみのあるお店がいいですよね」

 

 

「今回の「Mikkeller Beer Celebration Tokyo」は、これまで7年間にわたりデンマーク、アメリカなどで世界各地のブリュワリー、また珍しいクラフトビールなどを集めて行っていたミッケラーのイベントを、より世界の多くの人へ伝えるために、創業者のミッケルの大好きな街である東京で開催したいという思いから始まりました。」

 





 

「ミッケラーとしてやりたいことは、日本のビールが好きな方々と世界のビールを繋げることですね。また文化としての国々のつながりも強めていきたいです。もちろんビールだけでなく、イベントで販売されるフードやモノを通してもつながりを持てればと思います。今回はそれを感じられるイベントになったと思います。」

 








 

「今回のイベントですべての支払いをキャッシュレスにしたことで現金を触らないため、衛生的にも良かったと感じています。また売り上げは全てデータとしてすぐに反映されているため、物販の方々には営業終了後の売上確認にも時間がかからなった点も大変喜んでいただけました。」

 



 

「以前別の飲食店で働いていた際に他社製品でトラブルでレジが使えなくなたことがあり、すごい忙しいタイミングでお客様を待たせてしまったことがあったんです。お客様にも迷惑をかけてしまいますし、お店としての売り上げにも影響してしまう。その点Squareはそういったトラブルもないですし、使いやすいです。アップデートがこまめでどんどん使いやすくなっていくのもありがたいですね。」

 


 

「新しい商品の導入の仕方も簡単でありがたいですね。また売り上げのデータも見やすいので、スタッフとiPadを使用してデータを見ながらミーティングを行っています。」

 


 

「いつも新しいことをやっていく」というところにこだわっていきたいですね。今回の日本としての初試みであるビールイベントもそうですが、今後もビールづくりにおいても、「どうしたらこのビールをもっと新しくできるか」、それでいて「オリジナルなポイントはなにか」を常に考えていきたいです。」

 

Mikkeller Tokyo

東京都渋谷区道玄坂2-19-11
03-6427-0793

月-木 15:00 – 24:30
金 15:00 – 25:30
土 12:00 – 25:30
日 12:00 – 24:30

www.mikkeller.jp

関連記事

No Comments

    Leave a Reply