Food & Beverage New

Sandwich Club

2019年10月30日

小田急線下北沢駅の東口から徒歩2分のところに、活気あふれる若者の街という印象とは一変、のんびりとした時間が流れるサンドイッチやさんがある。オーナーの山口結さんが一人で切り盛りするsandwich club(サンドイッチクラブ)は、人通りの少ない場所に位置しながらも、多くの常連客を惹きつける魅力を持つ。山口さんにお店を始めた経緯や今後について伺った。

 

2018年1月にオープンしたサンドイッチクラブ。さまざまなフードの中から、山口さんがあえてサンドイッチを作ろうと思った理由とは。
はじまりは、幡ヶ谷のクラブで働いていたときに『イベントでご飯を作ってほしい』と要望を受けたことですね。立ったまま食べられるのでちょうどいいし、コーヒーにもお酒にも合うということで、サンドイッチを作り始めました」

 

 

「そこからもうちょっと作れたらいいなと思って。そしたら、たまたま下北沢のレインボー倉庫で店を出しているコーヒースタンドから『ランチをやりたい』との声を受け、週に1回だけそこでサンドイッチ屋をやるようになりました」

 

 

メニューは迷ってしまうほど種類豊富。当初からずっと続いているメニューはあるのだろうか。
「BLTEと鶏そぼろ&チーズは、レインボー倉庫でサンドイッチを作っていたときからあるメニューです。それからは『こういうのがほしい!』と要望を受けるたびに試行錯誤をして、少しずつレギュラーメニューが増えていきました。結果として、ちょっと和なものが多くありますね」

 

 

「気づいたらそれぞれのお客様にお気に入りのサンドイッチがあったりもして。『おいしい』とリピートしてくれるのはうれしいです。それと、デザートなのか飲み物なのかわかりませんが、メロンクリームソーダはみんな好きですね」

 

 

カウンターに並ぶお酒各種が気になるかもしれない。このラインアップにはちゃんとした理由がある。
「実はお酒を飲みにくる人も多いんです。オープンが朝の8時なんですけど、朝方に仕事を終えた人が来店し、お酒を飲み、おなかがすいているのでサンドイッチを食べ、帰っていくことがあります(笑)」

 

 

以前の職場で出会った親友や近所に住むおじいちゃん、練習を終えたバンドマンや近所のママさん、海外観光客……お客様の顔ぶれは幅広い。週に数回通うお客様も多くいるのは、一人で切り盛りしていることも関係しているよう。
「店に立つ人の顔が変わらないことから、近所のおじいちゃんも安心して来てくれているのでは、と思っています。何も買わずに、ただ会いに来てくれる日もあるんです(笑)」

 

 

「そのほかでは、地元で働いている人が多く来てくれているかもしれませんね。下北沢はそこそこ都会ではあるものの、ご近所づきあいが楽しめるのもいいところですね」

 

 

下北沢という土地は、思い入れがあり選んだのだろうか。そう尋ねてみると思いのほか、山口さんの行動力が伺える答えが返ってきた。
「実をいうと、お店をやるとは思っていませんでした。ただ、もともと飲食業勤務で昼夜逆転の生活を13年くらい送っていたこともあり『どこかで昼間の仕事に切り替えようかな』と考えていて。

 

 

「そしたらここの向かいの美容室に通っている友達が、ここに前あったお店が閉店すると教えてくれたんです。『美容師たちもコーヒーを飲む場所がなくなって、困るって〜』と」
「古くて奥まっているから、もしかしたら借りられる可能性あるかもと思い、元あったお店の方に家具ごと残してもらえるようお願いをし、運よく大家さんにもつないでもらえました。そこから半年後くらいにオープンしましたね(笑)。カウンターやテーブル、椅子は前のお店のまま残してもらって、そこから少しずつ変えています」

 

 

決済端末はSquare。導入の理由とは。
「オープン当初は、単価もそこまで高くないので、現金だけでどうにかしていました」
「ただ、朝早くに海外の観光客の方が多く訪れるようになったんです。日本人とは違い、観光客の方だと本当に現金を持っていなくて帰っちゃう人もいて。さすがにもったいないなぁと思い、使い始めようと思いました」

 

 

「オープン当初はサンドイッチの売り上げを正の字で残すほどアナログな人間でしたが、Squareの決済端末を導入すると同時にSquareのPOSレジも使い始めました」
「そしたら増税前の軽減税率対応作業も、全然大変じゃないんだなと思いましたね。私はとても機械音痴ですが、説明書を読まなくてもわかるくらい使いやすいのはとてもありがたいです」

 

 

和やかな空間にほっと落ち着ける、サンドイッチクラブの今後とは。
「幅広い客層が来てくれているので、『いつ行ってもちゃんとやってるね』という店でありたいですね。派手じゃなくていいので、地道に続けていきたいです。決められた営業時間と決められた営業日に、できるだけ淡々と静かに、きっちりやっていくのが目標ですね。いつ来ても変わらない安心感はどうにか守りたいと思っています」

 

Sandwich Club

東京都世田谷区北沢2-12-2
8:00-17:00(L.O.16:30) / 定休日(木)
www.instagram.com/sandwichclub_

関連記事

No Comments

    Leave a Reply