閲覧中のカテゴリ

Retail

New Retail

Purveyors

2019年6月28日

都内からもほど近い群馬県桐生市に店を構えるPurveyorsは「旅、フィールドワークをもっと日常生活へ」をテーマにキュレーションするコンセプトショップだ。お客様にも自分たちの「御用達」を紹介したいという思いの込められたショップには、厳選してセレクトされたアイテムを取り揃える。そんなPurveyorsでPRを務める鳥羽さんにお話を伺った。…

Retail

commune

2019年4月8日

古き良き商店と共にコーヒーショップやレコード屋などが立ち並ぶ幡ヶ谷に「commune」は存在する。下北沢~新代田~羽根木を経て幡ヶ谷の地に構えるcommuneは、ギャラリーだけでなくZINEなどのアイテムも取り扱っており、散歩途中にフラッと入りたくなるギャラリーだ。このcommuneで出版レーベルの運営をはじめ、各国のArt Book Fairへの出展、国内外の展示キュレーション、アーティストマネージメントを手掛ける川邉さんにお話を伺った。…

Retail

BULLPEN

2019年4月2日

京王線幡ヶ谷駅からほど近い場所にある、昔ながらの商店が軒を連ねる西原商店街。その一角に店を構えるのが、幡が谷で人気のコーヒーショップ(パドラーズコーヒー)の姉妹店、BULLPEN SHOPだ。ここでは世界中からセレクトされた良質な生活雑貨や家具を取り揃える。西原商店街の理事も務める代表の松島さんにお話を伺った。…

Retail

KANA KAWANISHI GALLERY

2018年11月19日

東京都現代美術館のある清澄白河駅から徒歩10分。大通りを一本入ったところに見える白い空間が、現代アートの作家を幅広く紹介しているKANA KAWANISHI GALLERYだ。作家と出版社のパイプ役から始まり、やがてアートギャラリー設立へと至った経緯を、オーナーの河西さんに伺った。…

Retail

かもめブックス

2018年8月30日

フラッと入っただけのはずが、いつの間にかコーヒー片手に読書を楽しんでいる。本探しに疲れて奥のギャラリーに飾られた絵を見ていたら、気づけば文房具とノートを買っていた。なんだか楽しい…それがかもめブックスという本屋さんで持つ感情だ。「ここがあるから神楽坂に引っ越してきた」というお客さんもいるほど多くの人に愛されるこの場所は、一体どうやって生まれたのか?…

Retail

natica

2018年8月1日

代官山の坂の上に佇む小さな古着屋、natica vintage。落ち着いた照明の店内には、オーナーがヨーロッパから直接買い付ける100年前のアンティークブラウスから、様々な年代の服や小物が並ぶ。ファッション史に関する知識と、アパレル会社で服の企画や生産部門に携わっていたという経験を生かして集められた商品は、魅力的なだけではなく作りとしてのクオリティーが一様に高い。オーナーの福田さんに、お話を聞いた。…

Retail

吉田カバン

2018年6月5日

年二回、広島・袋町公園で行われているイベントThe Trunk Market。衣食住に関わる自慢の商品やサービスを、公園で人と触れ合いながら伝えることを目的としたこの蚤の市にはオンリーワンのものを求め、県内外から毎回多くの人達が訪れる。10回目という節目の回に盛り上がる同マーケットに、老舗カバンメーカーである吉田カバンの姿があった。…

Retail

Jannu-2

2018年5月17日

スポーツショップとして1986年にオープンした原宿キャットストリートにあるオーダーショップ JANNU-2(ジャヌー・ツー)無地のシャツなどを販売している一方で、お客さん一人一人の立場にたった丁寧な接客と上質なプリントに、一般の学生から大企業まで客層は幅広い。「お客さんの作りたいものを、一緒に作っていきたい」そう力強く話すのはディレクターの小泉さんだ。…

Retail

Flash Disc Ranch

2018年5月17日

多くのレコードファンに愛され、下北沢の顔と呼ぶべきレコードショップ「FLASH DISC RANCH」これまでにないレコード屋を、と当時24才だった椿正雄さんは1982年にこの店をオープンさせた。手作りの棚に並ぶ膨大なレコードは、自らの足で100回以上現地に通い集めてきたという。見本も何もなく、全て自分の感覚を頼りに築き上げてきたこの店の魅力に迫る。…